バニラエアで奄美大島に国内旅行に行った経験

機内サービスは有料なので空港で軽食を購入

バニラエア【公式】バニラエア

夏にバニラエアで奄美大島へ / 機内サービスは有料なので空港で軽食を購入 / 3万ほど安く旅行できホテルを贅沢に

飛行機は電車やバスのように足元に荷物を置くことがないので、足元が狭くてもさほど窮屈に感じませんでした。
数年前に東京から京都に行く際に4列シートの高速チャーターバスを利用しましたが、4列シートの窮屈なバス車内と比較すると快適に過ごせました。
機内は込んでいて、ほぼすべての座席が埋まっていました。
シートのクッションは硬めでしたが、お尻や背中が痛くなるようなことはありませんでした。
機内サービスはすべて有料でしたが、食べ物の持ち込みは禁止されていなかったので空港ターミナル内にあるコンビニで朝食用に菓子パンとお茶を購入しました。
機内にはドリンクや食事のメニューがあり、離陸後に暇だったので眺めていました。

メニューによると食事の値段は1品あたり500円〜750円で、スープやカップラーメンなどの軽食が350円でした。
スナック類は200円〜350円で、全体的にコンビニで購入するよりも少し高めです。
ドリンク類はソフトドリンクが200円で、アルコール類が400円・600円の2種類でした。
ソフトドリンクやアルコール類の値段はホテルの中にある自販機や、長距離フェリーの船内と同じくらいの値段です。
短距離であれば移動時間が短いのでドリンクなどの機内サービスがなくても困りませんが、長距離だと何か食べ物や飲み物を購入しておいた方が良いと思いました。